結婚式当日のハプニング

12220177

結婚式の最中の話です。

せっかく来てくれる、子供のゲストにもできるだけ式を楽しんでもらいたいと思い、
姪っ子と甥っ子にフラワーガール・ボーイを頼みました。

しっかりとした子供なので、大丈夫だろうと思っていたのですが、
式が始まると緊張してしまったのか、お花が入ったかごを持ったまま、
新郎が待つところまで歩いてお花を新郎の周りにまいてしまうというハプニングがありました。

私も緊張していて、バージンロードにお花がまかれていないことに気が付きもしませんでした。

式の後、子供たちの母親である姉に謝られたことでようやく気付いたのですが、
参列してくれたゲストも子供達がバージンロードを歩いている姿が
かわいかったと言ってくれたし、何の問題もなかったです。

次に披露宴の最中の話です。

カラードレスでの入場の際に、
ドレスが長くて何度も何度も踏みつけてこけそうになったり、
立ち止まったりで入場にとても時間が掛ったハプニングです。

衣装の採寸はしっかりとしてくれていたので、私の歩き方が悪かったのだと思いますが、
背筋を伸ばしてドレスを蹴るように歩いたのに駄目でした。

入場後にキャンドルサービスで席をまわらないといけないのに、
この状況をどう乗り切ればよいのかととても焦りました。

この手段しかないと思い、右手は新郎の腕に、
左手でブーケを持ったままドレスも少し持ち上げました。

初めからその方法に気づきたかったです。

その後、そのことについて誰からも話はでませんでしたが、
もうすぐ届く予定の記録DVDでどのように映っているのか心配です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る