ご遠慮ください…酒癖の悪いゲスト

Wedding2015051501

結婚のお祝いの席である披露宴。
みんなで喜びにつつまれて味わうお酒は美味しいものです。

しかし、酒癖の悪いゲストにはご用心。
せっかくの式が台無しにされてしまうかもしれません……。

本日は、先輩の結婚式でそんな体験をしたという静香さん(仮)からの投稿をご紹介します。


先輩の結婚式に出席させて頂いた時のことです。

貸切のハウスウエディングで、とてもゴージャスな式でした。
ゲストは友人達20人と、新郎・新婦の親族で総勢50人程の豪勢な式になり、とても思い出に残る式になりました。

披露宴でも豪勢な料理が並び、アルコール類も豊富に用意。
チューハイからワインまで多種多様に置いてあり、皆で美味しいお酒を頂くことが出来て、とても盛り上がったんです。

しかし、ゲストの中に一人飲み過ぎてハイになっている人が居ました。
お酒の量が増えてくると人に絡み始め、グラスにワインを注げとか、椅子を持って来い、料理を盛ってきて皿に入れておけとか、強引な態度を見せ始め、皆さん次第に引き気味に…。

友人の中には頭に来た人もおり、場所が場所なだけに感情を抑えていたのですが、その酒乱者にはまったく伝わっていません。
回りも気兼ねをして、もう止めとけと言って止めに入ったのですが、逆に食いつかれ騒ぎ出す事になってしまいました。

今度は新婦の方に向かって、
「昔は狙っていたのに、どうして振り向いてくれなかったんだ」
と新婦にまで絡みだす
酒癖の悪さです。

新郎新婦側のご両親は笑っていましたが、おそらく心の中では無礼者と思っていたに違いありません。

あまりにも態度が横柄だったので、最終的には強引に抱えるようにして会場の外に連れ出しました。
それでも中に入れろとうるさいので絶対に入れてはいけないと思い、タクシーを呼んで家まで強制的に帰ってもらうことに。

皆さん、こんな行動を見ていて良い気持ちがするはずもなく、腹を立てていたと思いますが、披露宴という場を考えて我慢していたんだと思います。
こう言う事になるのが分かっていれば始めから呼ばれなかったと思いますが、普段はいい人なので想像が付きませんでした。

新郎新婦にとっての大事な儀式の場所なので、弁えて欲しいと思う出来事でした。


<今回のケーススタディ>


静香さん、ありがとうございました。

大変な気苦労をなさったのですね。
新郎新婦も気が気ではなかったのではないでしょうか……静香さんが連れ出してくれたのはファインプレーでしたね。

せっかくの披露宴を酒癖の悪いゲストに台無しにされたというトラブルも、よく聞く事例です。

例えば、

  • 新郎新婦に絡む
  • 暴露話などを始める
  • 真面目なシーンで茶化したり野次を飛ばしたりする
  • 他のゲストに喧嘩を売る

などの被害があります。

もしその人の酒癖の悪さを事前に知っていて、それでもゲストとして招かねばならない場合は、以下の様な対策が考えられます。

  1. ゲストのテーブルにビール瓶を並べないよう手配する
    ドリンクのおかわりなどは全て給仕の人が対処するようにしてもらい、テーブルの上にはビール瓶を置かないようにしてもらいます。
    少しは飲むペースも遅くなるでしょうし、瓶を新郎新婦のところにもって来て何度もお酒を勧められるという状況も回避できます。
     
  2. 主賓席・メインテーブルからなるだけ遠い席に
    酒癖が悪い人はなるだけ主賓席や新郎新婦のところから離れた位置に座ってもらいましょう。
    可能であれば出口の近くにして、あまりひどい状態になったらすぐに退出してもらえる位置に席を用意するといいですね。
    酒癖が悪い方が主賓であるという場合は、主賓の人選を考えなおしたほうがいいかもしれません…。
     
  3. 周囲に対処する人を配置
    その人を抑えてられる友人などに、その人の近くに座ってもらいましょう。
    万一の時には、静香さんのやったようにその人を連れ出してもらえるよう頼んでおくといいでしょう。

以上、3つの対策を考えてみました。
しかしもちろん、そんな危ない人は呼ばないに越したことはないですね。

静香さんの経験したケースのように、その人の酒癖の悪さについて全く知らなかったとなると、なかなか対応が難しいです。
ですが、友人・親族としてゲストに出席してもらう方々の酒癖の良し悪しは、把握しておいたほうがいいと思います。
新郎・新婦の友人・親族にこのような酒癖の悪い人がいて騒ぎを起こした場合、相手側の親族から見ると結婚する本人の印象さえ悪くなってしまうかもしれませんから。

<今日の一言>
酒癖の悪い人は、第一に呼ばない。どうしても呼ぶなら、十分に注意を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

tamaライター・編集

ライター兼編集手伝い
2015年2月に、準備期間2ヶ月という超特急結婚式を終えたばかりの新人。
趣味はネトゲとTRPGとプリザーブドフラワー。
(写真は手作りのフラワーリングピロー)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る