花嫁の胸パッドが当日行方不明に!

90ff658ea4dee09adc8f047657cd27fc_s

友人が自分の結婚式で体験したトラブルです。

おしゃれなゲストハウスでウェディングしたかった友人。
都内某所で条件に合う会場を見つけてさっそく式の準備に入ったそうです。
プランナーの方が新人だったらしく
不手際と思えることが準備中に多々あり不安を抱えたまま、式当日。

友人はスリムな体系なのですが、当日胸に入れるパッドが行方不明に!
貧乳を自称する友人にとって胸のパッドはキレイにドレスを着るための必需品。

カメラマンやメイクさんなどスタッフ総出で「花嫁の胸パッド」を大捜索したそうです。
捜索の最中、友人は恥ずかしくてたまらなかったそうです。

結局胸パッドは無事発見されたのですが、
なんとそれは花嫁の履くウエディングシューズの中敷(?)として詰められていたそうです。
聞いたときは爆笑してしまったのですが、よく考えたら信じられないミスです。

気を取り直して式本番。
その式場はチャペルの壁一面に好みの映像(草原や海など)が映し出せるというのが
売りだったそうです。

しかし扉が開いて花嫁が入場すると、壁には特になにも映し出されておらず。
内心(あれ?)と思っていたそうですが、本番なので中断することもできず、そのまま式は続行します。

結局それはプランナーのミスで、
大切なチャペルでの式で式場一番の売りである映像を映し出せなかったそうなのです。

式終了後、積もり積もったプランナーへの不満が爆発した新郎新婦。
どうやら式場からは迷惑料として式場が主催するレストランでの食事会のようなものに
無料で招待されたそうですが、それでもやっぱり大切な式での失敗は取り戻せないので、
かなり可哀相でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る