切実!予算問題…ブライダルインナー事情

Wedding2015042201

結婚式の準備をしていると、
「え!?そんな値段、高すぎない!?」
とびっくりするようなモノに遭遇することがよくありますよね。
なにぶん普段は縁のないものばかり。

ウェディングドレスがレンタルで20万円!?
プロジェクター使用料が5万円!?

というように、値段に目玉が飛び出そうになっても、式場のプランナーさんに笑顔で

「まあ、おめでたいことですし…」

と言われたら何も言えなくなっちゃったりして…。

でもそうは言っても、予算という現実と戦う新郎新婦は、予算を削れるところを探すのに必死で…。

今回の新婦様、鳩子様(仮名)の体験談もそんなお話です。


ウェディングドレスを美しく見せる最終兵器。
それはドレス用補正下着、いわゆるブライダルインナーです。
最近のは、くびれを強調したり、脇の肉のはみ出しを抑えたり、とっても高機能。

しかしこのブライダルインナー、ドレス屋さん経由で購入すると、フルセットで5万円以上と、とってもお高かったんです…。

ドレス屋さんからおすすめされたのは、ブライダルインナー専門メーカーの商品で、高いだけあってレースや装飾もとってもロマンチックでかわいくて、補正力も抜群!
しかし、何かと出費のかさむ結婚式。
ちょっとでも支出は抑えたい…と思い、もっと安い自分でもいろいろと調べてみました。
だって、一度しか着ないし、外から見えるわけでもないんだからそんなに高いのじゃなくていいじゃん!

そしていろいろリサーチした結果、とある下着メーカーが出しているブライダルインナーを発見。
ドレス屋さんで購入する専門メーカー品の、なんと2分の1くらいの金額!
これなら厳しい予算でも大丈夫!

早速、最寄のお店で試着に試着に出かけました。

しかし…店員さんが出してくれたサイズは、ちょっと苦しい…かも…。

しかし店員さんに
「お客様はとっても細いですしこのくらい締めるととっても綺麗ですよ!ドレスも映えるでしょうね!」
と言われ、いい気分になってそのサイズに決定しました。
下着のプロが言うんだから間違いないよね!と踏んで…購入しました。

いよいよ本番当日。意気揚々とインナーを装着っ!
そして、憧れのドレスを来て、鏡に映る自分にうっとり…。

しかし、なにやらおかしい。
控室に座っているだけなのに、なんだか苦しい…?

「ちょっと苦しいです」
とメイクさんに伝え、ドレスを緩めてもらいましたがやっぱり苦しい…。

どうやらドレスじゃなくてブライダルインナーが原因だというのです。
あわててインナーのホックの位置を、一番ゆるくしてもらいましたが、それでも苦しい。
しかも骨に突き刺さってイタイ…!
確かに私は細身ですが、細い分骨がダイレクトに締めつけられてしまうのです。

結局、苦しいまま式が始まり、耐えながらなんとか記念撮影まで終えました。
披露宴が始まり、どんどん締めつけを感じるようになり、笑顔でいるのが辛くなっていきました。

カラードレスに着替える時にインナーもはずしてもらい、一呼吸。
もう一度締めなおしてお色直しで再入場。

テーブルラウンドをしましたが、テーブルラウンドの途中でギブアップ!
控室にこっそりはけて、痛くないようにもう一度インナーをちょっとずらしてもらってその後はなんとか耐えました…

なんとか一日を終えましたが、楽しいはずの結婚式の記憶がほとんどありません。
蘇るのはインナーと戦った記憶ばかり…。

出来上がった写真を見ても、顔は何とか笑顔を作っているものの、手はみぞおちを抑えているものばかり。
痛かったんです、みぞおち…。

ウェディングドレス選びと同じくらい、ブライダルインナーもいろいろ試して楽しい一日を過ごせるものを選ぶべきだな、と痛感しました。


<今日のワンポイント>

鳩子様、お疲れ様でした。
まずは、倒れたりしないで結婚式を最後まで乗り切ることができて、本当によかったですね…。

ブライダルインナーは確かにドレスを美しくみせるためのマストアイテム。
海外の方は、ウェディングドレス以外にも、卒業式やちょっとしたパーティでドレスを着ることが多いため、ドレス専用インナーを所持しているのですが、
我々日本人にとっては、殆ど最初で最後の「ドレスを着る機会」です。
専用インナーが必要だなんて思いもよりませんよね。

確かに、式場やドレスショップで斡旋している高級専門メーカーのものは、専門メーカーだけあり、大変細かく、また補正力も抜群。
それに「結婚式専用」と銘打っているだけあって、鳩子様のように長時間のお式でも、苦しくなりすぎないよう調整されております。
まさに、高いだけのことはある、というもの。出来ればそういったものを使うのが確実ですが、予算が…というお気持ちも分かります。

では、どのようにすればいいでしょうか?

筆者の使った方法は、ネットオークションです。

「一回しか着ない」

ということは、一回だけ着てタンスにしまってる花嫁さんがたくさんいるはず…。

そう考えた筆者は、まずドレスショップでドレス試着時、インナーの試着もさせてもらい、サイズを確認。
その際、ちょっと長め(30分以上)に試着をさせてもらい、苦しくならないかを確認。

帰宅後、ネットオークションで
「下着メーカー名+サイズ」
で検索すると…案の定いっぱい出ました!

しかも1/3以下の価格のものもある。
当たり前だけど全部

「一回のみの着用です」

中にはどういう事情だったのか

「未着用新品です」

もあったり…。

…しかしさすがに、パンティの中古は抵抗があるので、それだけは自分できれいな白のレース品を用意しましたが、コルセットとベアトップブラはオークションでお世話になりました。

ちなみに海外では、結婚式のサムシングフォーというジンクスがあります。

  • 新しいもの
  • 青いもの
  • 借りたもの
  • 古いもの

この四つを身につけた花嫁は幸せになれるそうです。
ネットオークションを使うことで、この「古いもの」も自動的にクリアできました。

参考 姉妹サイト 結婚プラス内「サムシングフォー」

また、妊婦様や体重の増減が激しく、当日の体格に自信がない方は、保険として
「コルセット用拡張フック」
をひとつ、用意しておくと気持ちの面でも楽です。
1000円台で入手できますよ。

参考
item.rakuten.co.jp/gramaga/10000184/

いろいろと頭を悩ませることの多い予算問題ですが、賢く節約して、きれいな花嫁を目指したいですね♪


<今日のひとこと>
オークションや中古を使って賢く節約!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

tamaライター・編集

ライター兼編集手伝い
2015年2月に、準備期間2ヶ月という超特急結婚式を終えたばかりの新人。
趣味はネトゲとTRPGとプリザーブドフラワー。
(写真は手作りのフラワーリングピロー)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る