フラワーマジック!トラブルを救っってくれたのは…!?

フラワーマジック!トラブルを救っってくれたのは…!?

結婚式の準備がはじまると、本当に様々なことを決めなくてはなりません。

招待客、お料理、ドレス、余興…etc。しかもすべてが本番一回。失敗は許されない重要な決め事です。

あってはならないことですが、本番直前に「あっアレ忘れてた!」なんて冷や汗をかくことも、良くある話で…。

今回の体験談は、まさか忘れ物体験を投稿してくださった新郎様、慶太さん(仮名)のお話です。

「付き合っていた彼女との結婚を意識するようになり、プロポーズをした後、結婚式場を探し始めました。
が…、結婚式って思っていたよりも大変なものなんですね…。

まず、式場といっても千差万別、自分達の要望に完璧に答えてくれる式場なんてものはありません。
これはできますがあれはできません、というやりとりの繰り返しでなかなか前に進みませんでした。

その中で一つだけ、私達の要望に全て答えてくれる結婚式がありました。
どんな無理な注文も
『やりましょう!』
と答えてくれる、まるで某携帯電話会社の社長のような気持ちの良さで応対してくれたのです。

しかも、その式場で縁のある出会いがありました。
それは、ある花屋さんが納入業者としていてくれたことなのです。
このお花屋さん、実は私が常連の客として通っていたお店

私達夫婦にはある約束がありました。
それは、毎月付き合い始めた日に花束を贈るというもので、私はその約束の花束をいつもこのお花屋さんで購入していました。

この結婚式場を見学に来た日に、偶然このお花屋さんが花を持ってきたところに遭遇しました。
毎月このお花屋さんに通っていた私を当然覚えていてくれて、これ以上の式場はない!と思い、その日にこの場所で結婚式を挙げることに決めたのです。

そして、会場の飾り付け、引き出物等準備を進めて、たまに喧嘩もしながらも、どうにか結婚式当日を迎えました。

結婚式はキリスト教形式で、ウェディングドレスに身を包んだ妻の姿に見惚れながら、チャペルに入る時間が近づいてきます。
椅子には招待客の方々が座り、あとは私が入り、バージンロードを歩いてくる妻を待つ、そんな順番です。

そのとき、妻が一言。

『ブーケが無いよ?』

耳を疑いました。

ブーケが無い?
手ブラで花嫁が入るわけないでしょ?
もっと良く探してごらん?

『いや、無いよ?』

式場スタッフは大混乱です。
どうやら注文に齟齬があったらしいのです。

『ご自分達で準備するっておっしゃってませんでした!?』

言ってません!

『今からだとお値段の計算ができません!』

問題はそこじゃないでしょう!

私達のこんなやりとりをしていたところ、それを聞いていたのが例のお花屋さん
会場装花のために朝からずっと動き回ってくれていたんです。

『ちょっとお待ちを』

そう言うと、余っていた会場用の装花で、あっと言う間にブーケを作ってしまったのです!

私達はそのお花屋さんの早業に感動!
その後どうにか結婚式は問題なく終わりました。

皆さん、式場担当者とは必要以上に綿密な打ち合わせと確認を。


<今日のケーススタディ>

慶太さん、体験談をありがとうございます。

女性は友人から話を聞いたりして、結婚式の決め事の大変さをなんとなく知っていますが、男性はまさに未知の世界。

「全部君の好きにしていいよ」

と言いつつ、準備から早々に離脱してしまう新郎様も多い中、最後まで奥様と協力し合って挙式された姿勢は、とっても頼れる旦那様だと思います♪

さて、ブーケ忘れ、という今回の事案。
まさかそんなことが…と思うでしょうが、筆者が調べたところ、これ実は案外よくあるのだそうです。

というのも、ドレスは何回も試着をして決めるのですが、どこの式場やレンタルドレスショップでも、イメージを見るために試着の際、
備え付けの小さな造花ブーケを貸し出ししてくれるのです。

ウェディングドレスレンタルの場合、だいたいの契約が

「ドレス+小物一式」

と記載されます。

ここで言う小物一式とは、大体の場合がアクセサリー、パニエ、靴、ヴェールのことなのですが、試着で何度も持ったそのブーケも、「一式」に含まれているのだろう、と勘違いするパターンが多いのです。

特に最近は、室内会場の場合、安全性のことなども考えて「ブーケトス」をしないことも多いため、新郎新婦も、造花レンタルであっても「まあいいか」と思い込んでしまうようです。
(※もちろん最近の造花は非常に品質が高く、生花よりも豪華に見えることがあるため、敢えて造花のブーケを注文する方も多いのですが…)

今回のケースではたまたま、二人に縁があり、機転の効く花屋さんが居てくれたおかげで難を逃れましたが、こういったトラブルを防ぐためにも、ドレスや式場の契約書や備品一覧は、しつこいくらいの指差し確認を、プランナーさんとするほうが良いですね。

<今日のひとこと>

小物一式 は お店によって内容が違う!
ひとつひとつ、指差し確認を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

tamaライター・編集

ライター兼編集手伝い
2015年2月に、準備期間2ヶ月という超特急結婚式を終えたばかりの新人。
趣味はネトゲとTRPGとプリザーブドフラワー。
(写真は手作りのフラワーリングピロー)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る