2次会への荷物運搬で夫婦喧嘩

s_0082

都内で結婚式、披露宴を終えて二次会までの時間というのは、
結婚式当日の中で一番ドタバタする時間です。

まず新郎新婦はご祝儀をハイスピードで開封、金額確認しなければなりません。

それから私の場合は二次会用のヘアスタイルに変更。
そしてタクシーを呼んでもらって二次会会場まで向かいます。

私たちは二次会への荷物(披露宴会場で使った装花やウエディングアイテムなど)を、
ゲストとして呼んでいた後輩にお願いしていました。
その中には二次会の開場から実際に会が始まるまでの待ち時間の間に、
なんとなく開場の間を持たせるために流すようの二人のプロフィール映像のDVDも入っていました。

そのDVDを二次会担当の業者に渡してもらうだけでよかったのですが、
なんとその後輩が荷物を持ったまま行方不明に。

タクシーで開場に向かっている私たちのケータイに二次会業者から
「DVDを届けてくださるご友人の方と連絡がつきません」と連絡が。焦る私たち夫婦。
DVDのほかにもいろいろな荷物を任せてあるのに。

二次会会場へついて、後輩に電話をかけても不在。
焦りと不安で泣きそうになっていると後輩本人が呑気に「すいませーん」と登場。
私はほっとしましたが、体育会系の夫は「お前なにしてんだよ、ふざけんなよ」と
後輩に詰め寄ってしまいました。不穏な空気になるのが嫌な私は
「そんなに責めないで」「そんな言い方しなくてもいいでしょう」と止めに入る始末。

ウエディングドレス姿、しかも12月の繁華街で通行人が見ている前でもめている私の姿を
みんなニヤニヤしながら見ていて恥ずかしいったらありません。

結局、DVDの放映は間に合わず、業者にお願いして二次会の最中にみんなに見てもらうことに。
夫と後輩もなんとか和解しよかったのですが、結局その後輩は何をしていたのでしょう。

後で聞いてみると、二次会でやる余興の練習を他のゲストたちとしていたそうです。

ありがたいけど、荷物のことも忘れて欲しくなかった…。
でも大切な日に喧嘩をしてしまったことを今でも後悔しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る