永遠のテーマ。夫婦間の「金銭トラブル」

名称未設定-1

私は友達の中でも結婚が遅かった方で、さんざん友達の華やかな結婚式に出た末に自分の結婚式を迎えました。なので、結婚式は夢のような華やかな行事だと思っていたのですが、実際結婚するとなると、それも結婚式を挙げるとなるとなかなか大変な事も多く、気苦労が耐えないものなのだという事を知りました。

何と言ってもお金にまつわる気苦労が一番ストレスでした。「夫婦は元を正せば他人」とか「それまで違った環境で育ってきた二人」というフレーズをよく聞きますが、まさにその通りなのです。主人とも他人の間柄で付き合っていた時代は、お金に絡む事で「んっ?」と思う節が有ったとしても、それなりに流せていました。 

でも、二人の結婚式を挙げる、新婚生活の準備をする、となると流せない事が次々と出て来るのでした。まず結納をどうするかでした。私の父親は古い考えの人なので「結納をするのは常識」と思っていました。でも、主人や主人のご両親は「今の時代結納なんてどっちでもいいのでは?」という考えでした。でも、主人が私の父親の意向を汲んでくれて結納を行ったのですが、私の実家が準備したその費用のかけ過ぎに主人の一家はだいぶん引いていたように見えました。

又、「結婚式は挙げた方が良い」と両家ともそれは思っていたようですが、主人の一家は最低限、何なら親族だけのこじんまりした式を望んでいたようです。 でも、私は今まで出席してきた友達の結婚式はどれも大勢の友達やら職場の人を呼んでの盛大な式ばかりだったのでそれが当たり前だと思っていました。結婚式の費用は主人と私とで折半だったので、どれぐらいの規模の式にするか、どれぐらいオプションを付けるかで考えが合わないと気まずくなるものでした。

内祝い選びでも揉めました。主人のご両親は義父さんが手先が器用な方なので、「手作り品を渡したい」と仰ってきたのですが、普通3万円以上のお祝いを持って出席してくれている方々に手作り品の内祝いを渡すのは失礼だと思い、断固反対しました。すると、私側の出席者と主人側の出席者の内祝いを別々にしようか?という案まで出され驚かされました。主人が他人の間は「ご勝手にどうぞ」と思えたかもしれませんが、結婚式をみんなの前で挙げるという事は、その日から「二人は夫婦です」とみんなに宣言するようなものです。主人の恥は私の恥になるのです。

式で出すお料理のランクから、ウェディングドレスをその式場のレンタルで済ませるか、他の専門店で別注するか、など細かく全てで揉めました。それは全てお金が絡んでくるからです。結婚式当日を迎えた時はもうヘトヘトでうんざりしていましたが、式そのものは何とか和やかに済ませられたと思っています。

新婚生活が始まって直ぐは同じようにお金にまつわる事で色々不快な思いもしましたが、結婚生活も10年が近付くとそれなりに二人の価値観が歩み寄ってきて、そんなに「えっ?」「んっ?」と思うような事は無くなってきましたよ。

ya427991yuriさま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る