仕事の忙しさと結婚準備でお互いイライラ!

027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

彼からプロポーズを受けて幸せ一杯な頃から、ずっと憧れだった結婚式に向けて準備に取り掛かり始めました。私たちは遠距離恋愛だったのですが、彼の地元で結婚式を挙げることになっていたので私が週末に新幹線で彼のもとへ行って結婚式の準備をしていました。私は仕事をしていましたがハードな部署だったこともあり週末はいつもゆっくりしていることが多かったのですが、結婚式の準備のための移動や話し合いにとても疲れてしまいました。

週末疲れて帰り、また翌日から月曜日が始まって仕事へいく・・・こんな日常が楽しくなくなってきて、一時期なんで結婚するなんていったんだろう、こんなことならば付き合っていた頃のほうが良かったとさえ思ってしまいました。彼のほうは、比較的定時で終わることが出来る職場なので、ゆったりしているようにも見えてそのことにも腹が立ちました。なんというか結婚式の話し合いでも彼のほうは興味なしと言う感じなんです。確かに結婚式は花嫁のものだとは思うし、男性はあまり興味ないのはわかります。ただ、私がこんなに大変な思いをして遠いところから来ているのにこの興味のない感じ、私にすべて任せる感じは何なの?と怒りがこみ上げてきました。

結局段取りからアイテムまでほとんど私の意見が通ったわけですが、何となく一緒に決めたいなと思っていたので残念な気持ちもありました。彼は私との結婚式楽しみじゃないのかなとも思いました。そして事件は起きました。一番楽しみともいえるドレス選びで私が二着に絞って決めて、後は彼にも意見を聞いてみようと思い聞いてみたら、なんとどっちでもいいんじゃない?と言うんです。私の怒りは遂に爆発!彼を大声で怒鳴ってしまったのです。

彼のほうはびっくりした様子で私がなんでこんなに怒っているのか分からない様子でした。やっぱり女性の結婚式に思う気持ちと男性の気持ちには温度差があるのだなあと思いました。決して彼に悪気があったわけではないのですがやはりそこは真剣に選んで欲しかったなと思います。

satimomokaさま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る