会場、友人とトラブルがありました。

cb6de043e1a6ba6b923bf528e930ec07_s

現在30代前半主婦です。私が結婚式をしたのは2013年のことです。その時にいくつかトラブルがありましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

1、会場とのトラブル
まだ式場を決めておらず、色々な式場を見てみようと、主人と下見をしていた時のことでした。2件目に訪れた式場でトラブルは起こりました。その式場は、都内にある式場で、雑誌やインターネットにも紹介されており、事前に見た写真や口コミが大変良さそうだったので、訪れました。
当日その式場に着くと、男性のスタッフさんが1人「今日は私が案内させて頂きます」とご挨拶頂きました。少し年配の、丁寧な印象の方でした。チャペル、披露宴会場などを案内して頂き、ウェディングケーキの試食もさせて頂くことができました。最後に、見積もりなどをお話しているときでした。スタッフの方が「日程はどうしましょうか?」と、そのまま具体的な式の日取りまで決めていきそうだったので、正直まだ色々と下見をしている段階なので、今日即決はできない旨をお伝えしました。するとそのスタッフさんの態度が豹変し「下見に来られた方は殆どそのまま日程の確約までされていかれます、何故されていかれないんですか?」と言われました。正直他の式場と比較したかったので、申し訳ないが即決はできないと再度お伝えしました。すると見積もり金額を大分引き下げて提示してきました。それでも、もう下見の予約を入れている他の会場があるのでとお断りしました。その日はそれで帰りましたが、その後も電話が何度かかかってくるなど、正直大変営業がしつこく、嫌な思いをしました。結局そこには決めず、他の式場で決めました。

2、友人とのトラブル
友人とのトラブルは、上記のものに比べるとちょっとしたものかもしれませんが。当初、結婚式の日取りを決めた時点で、招待状を発送する前に各々の友人には事前にお声がけをさせて頂いておりました。その時点ではお声がけした友人全員、予定は大丈夫と言っていました。招待状も発送し、出欠の返送も貰いました。しかし席次表を作っている割とぎりぎりの段階で、3名程の友人から、行けないと連絡が来ました。理由は様々で、仕方がない理由の方も勿論いらっしゃいましたが、「それ、もうちょっと早めに分からなかったのかな・・・」というような理由の方もいらっしゃいました。席次表も既に作ってしまっていたので、再び考え直しになり、テーブルやお花の数なども調整が必要になったため、面倒でした。ぎりぎりで断るならば、最初事前にお声がけした段階で、断って欲しかったです。

レモンラムネさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る