結婚式直前!スピーチの依頼が拒否される!

b01becdab0b07f42df33995ad464672d_s

結婚式一週間前。私たち結婚予定の二人に突如として災難が降りかかりました。結婚式といえば用意周到に出来るだけ完璧に行いたい一生に一度のイベント。ですから、沢山の準備が必要です。何もない方がおかしいのかも知れません。私新郎側の親族スピーチを母の次女にお願いしていたのですが突如のキャンセル。しかも私のいないところでそうなっているのですからこれは大変。それより何が起こったのかてんやわんやです。その騒動は、母とその次女である当事者で何か話の食い違いがあった模様なのです。

よくよく聞くと、スピーチの内容以前に席決めの話から発展してスピーチのキャンセルに響いたのだと聞きました。席の位置が良くないというのも気持ちは分かりますが、それにしてもスピーチの話まで行き着くとは思いませんでした。私も再度嘆願したのですがあっさり一蹴。願い叶わずでした。

母の次女の人格からしてこのような事があってもおかしくはないと感じてはいたのですが、それよりスピーチをまた別の人にお願いしないといけません。これはやはり彼女に伝えないといけませんので即刻状況を説明。あまりいい顔をしないのも当然ですね。苦笑いしながらも「違う人を探そう」と言ってくれました。

仕方なく別の人を探し、母の三女の旦那さんにお願いしました。するとあっけなく一つ返事で快諾。最初からこの人にしておけばよかったと後悔。話の裏ではスピーチキャンセルの話は回っていたので、ご配慮あって話を受け取っていただけたのかもしれません。今も感謝しています。

結局、席順はそのままで式を始めました。母の次女は怒っている様子だったので、当日は来ないかと思いきやシレ~っと出席。立場上、欠席はまずいと思ったんでしょうか。顔を合わせるや否や「おめでとう~」と声を掛けられ、なんだか複雑な気分でした。

式は順調に進み、スピーチ開始。問題なく事を終えられ、素晴らしいお言葉もいただきました。いろいろある結婚式ですが、何かと人にお願いする事もありますので人選は重要と感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る