もっと早く気付きたかった…マザコン彼氏

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s

私が結婚したのは、今から6年ほど前、まだ20代半ばの頃でした。たまたま飲み会で知り合った6歳年上の彼と付き合って、まだ3ヶ月ほどしか経っていない時に、妊娠が発覚、アレヨアレヨと言う間に結婚へと話が進んで行ったのでした。親にも妊娠・結婚の報告をし、彼が挨拶に来たいと言っているから…と伝え、また日時は後日決めようと言って、先に彼の家に挨拶に行くことにしました。

挨拶に行く前から、彼の親の意向で、お腹が目立つ前に結婚式を身内だけでも挙げようとなっていたので、挨拶前にはすでに式場やプラン、日取りなども決めていて、もう後戻りはできないところまで話は進んでいました。そんな時、彼の家に向かう車の中で、彼が重々しく口を開きました。「あのさ…1つ話しとかなきゃいけないことがある…」疑問に思いつつ、何かと問いただしてみたら、彼がゆっくりと言いました。

「オレ、お前とか他の奴の前では親父、おふくろって親のこと呼んでるけど、家ではパパ、ママだから…」もう後戻りはできないって時に話すなんて、すごく卑怯だっ!と思いましたが、もう認めて許すしかなかったので、少し彼に対して引きながらも、彼の家に向かいました。家に着いて、実際その呼び方を耳にすると、嫌悪感しか出てきませんでした。しかも、私や友達の前では常識があって、さらに引っ張っていってくれるオレオレ系だと思っていたのに、家での彼は親には全く頭の上がらない、すごく弱い彼だったのです。私の中では気持ちも冷めて、たぶん結婚しても長く続かないな…と正直、結婚前から思ってしまいました。

結果的にどうなったかというと…

挨拶は無事に終わって、私の気持ちは冷めていましたが、結婚式の細かいプランを2人で決めて、あとは当日を迎えるだけ…となっていました。私は気持ちが冷めてしまっていたため、妊娠中の体調不良を口実に、彼と一緒にいることを極力避けてしまう日々が続き、結婚式のプランもお互い別々に式場に行って、相手の前回の提案を確認しながら細かい点を式場の方と話し合うというような、とてもめんどくさいカップルだったと思います。本当にその節はご迷惑をおかけしました。

しかし、結婚式の当日にもトラブル発生っ!

身内だけの結婚式と食事会だし、司会者はいらないという話だったのに、当日になったら司会者はいるし、食事会だからカラオケの機械もいらないと言っていたのに、カラオケも入ってるし、私の身内の苦手なものがメニューに入っていることは知っていましたが、本人がみんなと違うものは目立つし、食べられないわけじゃないから同じメニューでいいと言ったので、そのように伝えていたはずなのに、別メニューに変えられていたり…予算も子供が生まれるから低く低く、かなりお安く抑えていたつもりだったのに、結局100万を超えていました。

終わってから、私は彼に詰め寄りました。「どうして予定してた通りじゃなかったの?カラオケも司会者もいらないって言ったじゃん。メニューも同じのでいいって言ったじゃん。」カラオケは楽しめたからいいじゃんってのが彼の答え。司会者もうちの身内がやりたがらなかったので、お願いしたとのこと。メニューも食べられないのは可哀想だっていう余計な親切。ぜーんぶ彼の親の提案で、私には何も相談せずに、彼と彼の親だけで決めた結婚式でした。

ムカムカした気持ちのまま、それから入籍して、一緒に暮らしましたが、一緒の部屋で寝ること、同じ空間に彼がいること、常識があると思っていた彼の食事中のマナーの常識の無さが本当にひどかったこと、何に関しても嫌になってしまい、子供が生まれる前には別居、お互いの実家に帰り、子供が生まれて間もなく、別居してからは話し合うこともせずに調停離婚しました。

さらに最悪な彼は、子供が生まれたことを知らなかったし、今さら自分の子とは思えないと言って、養育費の支払いも拒否してきました。私としては、離婚してからも彼と繋がりがあることの方が嫌だったので、「慰謝料も養育費もいりませんし、こちらからも払いません。その代わり、今後一切、子供に会いたいと言わないこと、実家や親の職場などに顔を出さないこと」という条件を出して、その通りになったので満足のいく離婚でした。

もう少し早く、彼がマザコン、ファザコンであることに気付けたら…
もう少し長くお付き合いしてから、結婚という段階に進めていたら…

反省する点はたくさんありますが、この経験のおかげで、今の自分がいるので、後悔はしていません。今後はしっかりした目で男性を見つめようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る