結婚準備をしている時にマリッジブルーになりました

4fece71a3f75ea561e93903f5d09836c_s

私は結婚をしようとおもった時、本当にこの人と結婚をしてもいいのだろうかと、常に悩んでいました。そのように悩んでいたのは、付き合った時間が少なかったからです。

確かに結婚をしようと、自分の意思で決定をして、大丈夫と思う気持ちはあったのですが、本当に幸せになることができるだろうか、この人は結婚をして人が変わったりしないだろうかと、通常の時だったら、考えない様なことを、悶々と悩むようになったのです。それは、付き合って結婚がトントン拍子に決まったと言うこともあります。好きという気持ちはあったとしても、結婚をする準備も全くしていない中で、果たして二人で生活をすることが出来るだろうかと、不安になったのです。

そのため、あと一ヶ月で結婚式という時に、特にひどくマリッジブルーとなったのでした。いろいろなことを、仕事をしながら決めなければいけない重圧や、本当に忙しい中、ちょっとしたことでイライラする等、本当なら今が一番幸せな時期ではないだろうかとおもったりして、こんなはずではなかったと悪い方に、考えてばかりいたのです。

そして、その気持ちを相手に伝えることが大切と思って、相手の人にそのことを、勇気を出して話して見ることにしました。すると、相手の人も私の少しの変化に気づいてくれていて心配をしていたようでした。そして、はっきりと私のことを支えて守っていくという言葉をいってくれた時、この人なら大丈夫という気持ちになったのです。

もしかしたら、私はその言葉を待っていたのかもしれません。結婚は、そんなにポエムのような感じで準備をするものではないと、結婚式が近づくにつれて、だんだんと分かってくるようになりました。そして結婚式の時には、そんな変な気持ちをとっぱらって、清々しい気持ちになっていたので、不思議な感じがします。

結婚式をするまでに、もっと長い時間がかかっていたら、もしかしたら取りやめにしていたかもとおもったりしています。

7011kkさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る