疲れすぎて耳が・・・

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

待ちに待った結婚式当日。
前日は興奮と緊張であまり寝られず、結局2時間くらいうとうとしているうちに
結婚式当日の朝を迎えました。

妊娠9ヶ月で結婚するということもあり、
私の身体はその時点で限界だったのかもしれません。
でも、「今日は私が主役」「たくさんの友達や大切な人に会える」など、
高まる気持ちの中で、結婚式場へ向かいました。

主人が式場まで運転してくれたのですが、まさかの渋滞に大雨。
昔から楽しみにしていることがあったり、
変に気合が入ったりしたらすぐに雨が降ったり、
トラブルが起こってしまうんですよね。(笑)

結局渋滞はすぐに緩和、雨も式場に着いたらすぐに止んだので、ラッキーでした。

その後は何事もなく、順調に本番に向けて準備が進んでいきました。
メイクをして、ドレスを着て、ヘアセットもして。
主人も普段とは違う装いに、なんとなく緊張を感じているようでした。

控室と結婚式の会場は結構近かったため、
すでにたくさんの人が会場に入ってきている様子が、
控室からも分かり、私はますます緊張。

元々あがり症の私にとって、
こんなに緊張することがあるのかっていうくらい、
今までにない緊張が私を襲いました。
でも、結婚式の日は一生に一度。

頑張って緊張をほぐして、何が何でも楽しみたいと思ったのです。

そしていよいよ、新郎新婦の入場の時間になりました。
私の緊張は最高潮になりましたが、いざ会場に入ってみると、
そこからはたくさんの友達や家族、
知り合いに囲まれ、素敵な時間を過ごすことが出来ました。

スケジュールは順調に進み、あっという間に披露宴、二次会共に終了しました。

私達だけではなく、来てくださった方もみんな笑顔で、
「おめでとう」「良かったよ」と声をかけてくれ、
私は今までの人生で一番幸せな時間を過ごすことが出来たと感じることが出来ました。

ところが、みんな帰って私と主人だけになったときのこと。
その症状は急に現れたのです。
急に耳が聞こえにくくなり、主人やスタッフさんの話し声が
遠くに聞こえるようになったのです。

会話は出来るものの、変な違和感を覚え、
その日はすぐに家に帰って寝るように主人に言われました。
結局、ぐっすり朝まで寝たら、次の日には耳の違和感は全くなくなっていました。

原因はおそらく疲れだと思いますが、
その後もちょっと疲れたり、ストレスが大きかったりすると、
このような症状が出るようになってしまいました。

これも良い思い出なのかもしれませんが、
疲れもストレスもほどほどに、が良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る