まさかの大雪で、親族・招待客が大幅に遅れる!

2594e359c50c2fa7c60042f0ce04f583_s

今年の2月9日(日)に都内の式場で
お昼過ぎから友人の結婚式に招待されていました。
あいにくその日は、
前日からの雪で何十年ぶりの大雪の記録が出るほどでした。
もしかしたら、結婚式も中止かと思うぐらいでしたが、
午後の式という事で行なわれるとの事で連絡が来ました。
さすがに午前中からの式は、中止になったそうです。

式場から比較的近いの都内に住んでいましたが、
外は、今まで見た事のないほどの積雪でした。
ダイヤが乱れている地下鉄を数本乗り継いで、
何とか式会場にたどり着けました。

到着したのはお昼近くでしたが、
式場は来客の為の道作りで、
まだ大人数で外の道を雪かきをしているほどでした。

新郎側は、群馬出身だったので親族・友人は
当日の朝に送迎バスで式場にくる予定でした。
調べてみると肝心の高速道路は
前日の深夜から通行止めでした。
しかも、新幹線を始め在来線は欠航や大幅な遅れでした。
新婦は、神奈川県の出身でしたが、同じような感じでしたが、
まだ道路や電車などは良い方でした。
最終的に、主要駅に親族が集合してから電車での移動との事でした。

教会式は13時からでしたが、
神父さんも出遅れているという事で1時間近く遅れました。
結局、参列したのは新郎・新婦、
ギリギリ時間に間に合った友達数人だけの
とてもシンプルなものになりました。

肝心な披露宴は、両家共バスの移動を急遽、電車に変更して
到着した親族・友人などが揃ったのは、予定時間の5時間遅れでした。
親族が式場に表れた時は、ちょっと感動しましたが、
ほとんどの人が長靴姿だったので、拍子抜けしたのが忘れられません。

最終的には、披露宴は3時間遅れで何とか始まりましたが、
招待客は、終始移動疲れしている感じでした。

披露宴の終わりも遅くなり、
当方から来ていた親族・友人達はそのホテルに宿泊して、
次の日に帰りました。
大雪のため、ホテル側もキャンセルが続出したので
格安の宿泊料金だったそうですが、
親御さんの出費はとんでもない事になっていたと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る