結婚式場の選定について

jJf5Hpo4HNeiGrm_B8h16_71

昨年結婚式を挙げたアラサーの男です。

夫婦共に結婚式を楽しみにしていたので、
多少費用がかかっても自分たちがいいと思った式場で挙式しようということで、
式場を見て回っていました。

その中でもヨーロッパ式の建物を貸し切れることができる式場の印象が非常によく、
夫婦の意見も一致し、金額も許容範囲だったため、そこに決めました。

それぞれの親族の都合も聞いていたので、皆の都合のよい日も取れて、
これから準備本番というときに私の携帯が鳴りました。

私には姉が二人いるのですが、長女からの電話でした。
嫌な予感はしていましたが内容は
「式場まで遠い、時間も早いし美容院も決められないし、他の日にしろ」という電話でした。

私の家族は式場から片道2時間半程度の場所に住んでいます。
確かにそれは申し訳ないと思いこちらで前泊できるホテルと美容室も紹介し
費用もこちらが負担する旨を伝えたのですが、
「他の日か遅い時間のどちらかにして」の一点張りでした。

挙句の果てには「そもそも式場まで遠いのがいけない、もっと近場でやれ」
ということまで言ってきました。

妻の親族には体の不自由な方もおり(私の身内は全員健康体)、
私たちも妻の実家付近に住んでいたため、
できればそこで行いたいと言いましたが、姉は一切妥協しませんでした。

私としても妻が選んだ式場を姉の意見で曲げるということはしたくなかったので、
「来たくなければ来なくていい」と強く突き放しましたが、
妻が結婚式でそんなに揉めたくないとのことでこちらがやや妥協しました。

結局式場にキャンセル料を払って、そこから30分ほど私の実家に寄った式場で落ち着きました。
今思い返しても腹立たしいですが、結果よい式場にも巡り合え、
妻も喜んでくれたのでよかったですがあんなに家族の憎んだのは生まれて初めてです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る