新郎の祝儀の袋がなくなった件

08895769a3caf8412a71e672e94768c4_s

結婚式はとても良い感じで終わったのですが、
終了後にとんでもないことが発覚しました。

新郎のお祝儀が消えたのです。

どうしてそうなったのか、
当日、受付に立ってもらった新郎の友人から話を聞きました。

「自分たちが受付をしていたら、突然やってきた人に「あとは私がするから」と言われ、
自分たちは追い払われる形で受付の場所から遠ざけられてしまった」

とのこと。その受付の女性がいったい誰なのか、謎で、
私(新婦)や夫(新郎)や新婦の母親たちで、ずっと考えていました。

あとから発覚しました。新郎の母親の親戚だったのです。
お金に困っているなら、言ってくれたら良いのに、なんの断りもなく、
お祝儀を自分の手に入れるために、私たちがよく知らない人を受付に行かせるなんて、
あまりにも手が込んでいて、驚きました。

新郎の母親(義母)は、新郎とも仲はあまり良くなくて、
めったに会わない感じだったのですが、
今回、結婚することになって会うようになり、結婚もあまり賛成ではなく、
しぶしぶ認めた感じで、新婦の両親へ渡した結納金が惜しかったのだと思います。

それを取り返すための、お祝儀紛失事件。
「自分は新郎の家族、しかも実の親だからいいだろう」と思っているのかもしれませんが、
そのお祝儀は新郎の友人や上司からいただいたものです。
なぜ、あなたがもらっていいの? と皆、驚き疑問に思いました。

義母が勝手にしたことなので、その件については、もう何も話し合うことはしませんでした。
新郎のお祝儀のお返しも、もちろん新郎が自腹を切ってすることになります。

義母がお金に困っていたにしても、このやり方は、いまだに許せません。
その後、冷たい関係が続いたのは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る