当日、シャツがない・・・

c19cbfda8704a3fd7dccc907bfd4bf51_s

今から20年くらい前の話しになりますが、私は20代後半で結婚しました。
結婚式を挙げることになり、会場をいろいろと見て回り、見積もりをいただき、検討していきました。その見積もりを見ていて感じたことは、衣装代が異様に高いということでした。振り袖100万円、ドレス1着30万円など、「なんだこれは!」と思う金額ばかり。

妻とは極力お金のかからない結婚式にしようと話し合っていたので、この衣装代がどうにかならないか相談しました。結果、自分たちで買って揃えた方がいいのではないかという結論に達しました。貸衣装は金額は高く、よく見てみるとイマイチのデザインばかりだったのです。何となく、色使いやかたちや、高いドレスを良く見せるためか、安いドレスと明らかに違うのです。いくつかの貸衣装会社を見ましたが、どれも満足できるものはありませんでした。

そこで、妻はドレス、私はタキシードを自分で揃えることにしました。妻は東京まで足を運び、色々と探しまわった結果、20万円程度で素敵なドレスを探し出すことができました。私は、地元の百貨店で買いましたが、特に流行り廃りもないため、オーソドックスなデザインでシンプルなモノを選びました。今でも友人の結婚式などには着ていきますが。

そして、結婚式当日、いろいろと打ち合わせを行い、着替えて式に臨もうと着替えをはじめて、ようやく気がつきました。なんとワイシャツを忘れていました。これは準備しておらず、買ってもいませんでした。急いで近くの百貨店に飛び込み、シャツを買い求め、難なく式には間に合いましたが、タキシードは買ったものの、シャツを忘れるとは・・・盲点でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

RYUJI管理人

名前:RYUJI
1973年1月生まれ。やぎ座のA型。ヘビースモーカー。2002年に結婚→2009年に離婚。バツイチ。
結婚記念日と離婚届提出日が同じという奇跡を経験。映画とドキュメンタリーをこよなく愛す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る